著者さんに聞きました!①【五十嵐 聡さん】

本の著者さんというと、なんとなく雲の上の存在のように感じませんか? そこで、少しでも身近に感じてもらうために、著者の皆さんにITパスポート試験に関することや、書かれた本についてのエピソード、その他興味本位の質問をアンケート形式でぶつけてみました!

第1回目は、先月発売開始となった『ITパスポート パーフェクトラーニング過去問題集』の著者である五十嵐 聡(いがらし さとし)さんです!

五十嵐 聡
目次

ITパスポート試験について

─ITパスポート試験の出題範囲内で、もっとも興味がある分野はなんですか?

情報セキュリティに興味があります。情報セキュリティ対策は、ITのすべての知識が必要になることと、常に新しい脅威やその技術を学ぶことができることです。

─ITパスポートの勉強を進める際の難しさはどのあたりですか?

学習のきっかけはそれぞれあるかと思いますが、合格者から“簡単”と聞いても初学者には学習する範囲が広いことです。

─実際に試験を受ける際に注意すべきことやコツはありますか?

全部できなくても合格できる(60%以上)ので、苦手な範囲は無理にやらなくてもいいです。自信のある範囲や興味のある範囲で得点を取るように心掛けてください。

それでも60%に満たない人は徐々に範囲を広げてください。

─これからITパスポートの勉強に取り組む人へ、ひとことメッセージをお願いします!

ここがスタートなので、ITに少しでも興味を持ってもらえるとうれしいです。

著書『ITパスポート パーフェクトラーニング過去問題集』について

─本書でこだわった点、ここだけは絶対に負けない点はなんでしょうか?

IT初心者の方でも理解しやすいように、問題文に沿った解説を心掛けました。

─おすすめの勉強方法(本書の活用方法)は?

年度ごとに学習するのではなく、ストラテジ/マネジメント/テクノロジごとに学習する方法です。

もう少し分けることが可能ならば、その分野(ストラテジならば法律分野、マネジメントならば開発、テクノロジならばセキュリティ分野など)にして学習すると同じような内容が続くので理解が深まります。

─執筆中あるいは出版後の、印象に残るエピソードがあれば教えてください!

執筆後に校正をするのですが、それが間に合わなくて慌てている夢を何度も見たことがあります。

その他、あれこれ聞かせてください!

─ご自身が資格試験を受けた際の思い出はありますか?

試験終了後にあまりにもお腹がすいて、そのまま近くのマクドナルドに行きビッグマックを2つ食べてしまったことです。

─愛読書を教えてください!

敗れざる者たち』(沢木耕太郎、文藝春秋)

─好きな言葉を教えてください!

努力をする人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。

※編注:小説家、井上靖の言葉。

─いままで行ったことのあるお気に入りの場所は?

横浜にある根岸森林公園です。

─行けるものなら行ってみたい場所は?

ナスカの地上絵を上空から見てみたいです。

この本の著者さんです!!
ITパスポートパーフェクトラーニング過去問題集

試験形式で問題を一通り解きたい、数をこなしたい

ITパスポートパーフェクトラーニング過去問題集

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次