ITパスポート試験合格者の最年少記録、最年長記録は何歳?

去る6月24日、IPA(独立行政法人情報処理推進機構=ITパスポート試験などを実施している組織)のプレス発表で、情報処理技術者試験の応用情報技術者試験において、合格者の最年長記録が10年ぶりに更新されたとの発表がありました。応用情報の最年長合格者はなんと70歳の方です。おめでとうございます!

応用情報技術者試験というのは、経済産業省が定める「ITスキル標準」のレベル3に該当する試験で、一人前のエンジニアとしてのスタートラインといった位置付けの試験になります。ちなみに、ITパスポートはレベル1です。

  • レベル1:ITパスポート
  • レベル2:基本情報技術者、情報セキュリティマネジメント
  • レベル3:応用情報技術者

こんな感じで、将来エンジニアを目指す人にとっては、ITパスポートの先の目標となる試験のひとつです。

それではITパスポート試験の合格者の最年長記録は何歳なのでしょうか? さらには、最年少記録が何歳なのかも気になりませんか? 気になりますよね。それでは、気になる続きはWebで!!

……

ここがWebでした。それでは発表します。

※2022年6月末時点

最年長86歳も掛け値なしにすごいのですが、最年少の7歳って…。問題文読めたの!? 鉛筆転がしが的中したっていうレベルじゃねぇぞ!? とかもう、いろいろ衝撃ですね。衝撃ではありますが、それだけコンピュータやITがなくてはならない、身近なものになったんだなと、感慨もひとしおです。

ちなみに、『キタミ式イラストIT塾 ITパスポート』は2017年当時の最年少合格の方(9歳,小学4年生で合格)がテキストとして使われていて、著者にお礼の手紙が届いたというほっこりエピソードがあったりします。

そんな幅広い年齢層がチャレンジするITパスポート試験に、あなたも挑戦してみませんか。(編集O)

\おすすめ/技術評論社ITパスポート本はこちら

キタミ式ITパスポート令和04年(2022)版

絵解き解説で読み進めたい、苦手なIT用語もイメージできるようになりたい

キタミ式イラストIT塾 ITパスポート

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!